2022年8月号:中山さんの知床斜里ローカル温泉めぐり②

4月号に引き続き、地元在住の中山さんおすすめ、知床のディープ温泉情報です!
オホーツクハウス 2022.08.31
誰でも
***

オホーツクの短い夏

こんにちは、オホーツクハウスを運営している株式会社トーチのさのです。8月ももう終わり。「お盆過ぎたら秋」というのは北海道でよく言われる言葉ですが、まだしばしば暑くなる日もあります(暑くても30℃ほどですが)。

7月末、清里町のゲストハウス/アウトドアショップ「マンディル」さん主催で行われた、清里町でのトレイルラン会に参加しました。牧場の跡地をマンディルの嶋田さんが草刈りをしてつくった1周約2.5キロのコース。かなり大きなアップダウンがあり、平地ジョギングをがんばり始めた程度の身ではとっても大変でした(笑)。

それでも走ったり歩いたりしながら、なんとか2時間で5周。本気のトレイルランナーの方は10周していて驚きでした。めちゃくちゃ大変でしたが外で身体を動かすのはとても楽しかったので、また参加したいです。

今回は中山さんに、前回の4月に引き続き、オホーツクハウス近くの斜里・清里エリアの温泉について書いていただきました!

***

こんなとこがホット!知床斜里+清里の温泉 Part2♨

再びビート畑の中からこんにちは!
北海道斜里町でライター業等を営む、中山と申します。

涼しいイメージのある北海道ですが、8月はそれなりに暑いオホーツク地域。
にも関わらず、前回に引き続き「知床斜里+清里の温泉」を紹介したいと思います。

自然に恵まれ、たくさんの温泉が点在する斜里町と清里町。泉質のみならず、立地環境や雰囲気は個性いろいろ。オホーツクハウスを拠点に「温泉のはしご」も叶うんです。

それでは行ってみましょう〜♨

探検気分で行く!流れる滝そのものが温泉「カムイワッカ湯の滝」

住所:斜里町字岩尾別 知床国立公園内 ℡:0152-22-2125(知床斜里町観光協会)
料金:無料 営業期間:毎年6月初旬〜11月初旬頃まで予定(今年については10月2日まで)
最新情報はこちら

<b>(知床斜里町観光協会提供)</b>
(知床斜里町観光協会提供)

前回は割と日常の生活圏から近い温泉を紹介しましたが、ザ・世界自然遺産!!な温泉も知っているんだぞ!!!ということで

秘境と言われる知床でも奥に位置する「カムイワッカ湯の滝」。知床五湖入り口付近から未舗装の林道を約11キロ走った末にたどり着く秘湯中の秘湯と言えましょう。

この林道(道道知床公園線)もいいんですよね〜。

冬は通行止めになるので、例年6月初旬から11月初旬ごろまでしか開いてないのですが(今年は工事のため10/2まで)、原生林からなる緑のトンネルや、そこから垣間見えるオホーツク海の絶景を楽しめて、エゾシカやキツネ、ヒグマとの遭遇も珍しくない、ときめきオフロードです。

※ヒグマとの遭遇は果たしてラッキーなのか否かについては→知床財団「ヒグマに対する私たちの考え方と取り組み」 知床初来訪の方は必読です。

道幅が狭くなったり、急カーブが連続するポイントもあるのでスピード出しすぎと対向車にはくれぐれもご注意を。秋は紅葉のビュースポットです。

<b>おとなも、ものすごくはしゃいでいる光景が珍しくない</b>
おとなも、ものすごくはしゃいでいる光景が珍しくない

カムイワッカ湯の滝は、文字通り温泉が滝となって流れ落ち、滝壺はそのまま自然の湯船となっています。豪快なたたずまい、神秘的な雰囲気に、魅了されること間違いなし。

湯の滝は「一の滝」から最上流の「五の滝」までありますが、落石事故防止のため、登れるのは約100m上流にある「一の滝」まで。ほぼ沢登りなので、足下がすべりやすく素足や靴では危険です。

近隣の宿泊施設や観光施設で販売されている滑り止め付きソックスを買うか、ウラ技として「濡れてもいい靴下の2枚履き」がおすすめ。

<b>(知床斜里町観光協会提供)</b>
(知床斜里町観光協会提供)

湯の滝の源流は、活火山の硫黄山。かつては純度の高い硫黄が産業資源として重宝され、採掘が盛んに行われていました。今も、海に注ぎ込む滝は硫黄のイエロー!
歴史に思いを馳せながら登ってみてください。

原生林に囲まれた激アツ温泉「熊の湯」

住所:北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町 ℡::0153-87-2162(羅臼町役場産業創生課)
料金:無料 営業時間:24時間入浴可(朝5時~7時頃は清掃の為入浴不可)

カムイワッカ湯の滝を紹介したので、補足的に、野趣あふれる温泉シリーズ。知床峠を越えて羅臼町まで足を伸ばしましょうか。

以前「道の駅 知床・らうす」で車中泊をしてからの→根室海峡越しに国後島を眺めてからの→熊の湯は最高でした……。

国後島、おはよう。

遠目からでもモクモクと湯気が上がっているのがわかります。斜里から羅臼へ知床横断道路を渡ってすぐ。

伝われ……温泉への橋を渡るワクワク感。
ちなみにお湯はとても熱い!!ので、苦手な方は注意。地元の方々で管理されている温泉なので、下記10カ条を守って入浴しましょう〜♨

<b>よく読むと優しさを感じる10カ条♨</b>
よく読むと優しさを感じる10カ条♨

地元グルメもショッピングも楽しめる日常のユートピア「道の駅パパスランドさっつる」

住所:北海道斜里郡清里町神威1071 ℡:0152-26-2288 
料金:450円(高校生以下150円)営業時間:10:00~21:00(20:30まで入館のこと)

一転しまして、日常づかいの温泉を紹介していきます。

オホーツクハウスさっつるに激近(ダッシュで2、3分)の施設。
普通車100台が利用できる広い駐車場、お土産に困らない売店、地元グルメが楽しめるレストラン、そして掛け流しの天然温泉……! と、百点満点の道の駅なんです。住みたい。

温泉好きである母に撮影を頼みました。(駐車場が広いことは、とても伝わる……)

入浴料450円。なのに、ぬる湯とあつ湯がある。打たせ湯がある。露天風呂がある。ゴロンとできる休憩室もある。お値段以上とはまさにこのこと。

レストランは道産米と道産小麦、清里産野菜にこだわったメニューが勢揃い。私の推しは中華メニューです。網走の人気中華料理店シェフだった方が厨房に加わってから大充実。

清里町のおとなり弟子屈町(ここもめっちゃ良き温泉郷です)の遠征帰りにパパスで湯に浸かり、フィニッシュに炒飯。なんなら売店で麦香房のパンを買って帰る。時折そんなちょっとした贅沢を、自分に許しています。

(なぜ炒飯かというと、中華料理人の腕がいちばん試されるメニューな気がするので…。お蕎麦屋さんでいえばかけそば的存在。パパスの炒飯、好き……!)

ちなみに「パパス」はスペイン語で「じゃがいも」の意味。清里町は特産品のじゃがいもで焼酎を製造しており、お土産やオホーツクハウスでの晩酌にもぴったりです。

ひっそりと静かにあずましい「緑の湯」

住所:北海道斜里郡清里町緑町26 ℡:0152- 27-5511 
料金:450円(18歳未満、70歳以上および障がい者手帳等交付者は140円) 
営業時間:年中無休(年末年始を除く) 10:00~21:00(20:30まで入館のこと)

パパスランドがレジャー感ある温泉だとすれば、緑の湯はこぢんまりとしていて地元客が中心、あずましさ(北海道弁で「落ち着く」の意)重視したいときはこちらです。

引き続き、外観を母に撮ってもらいました。父と一緒に行ったということはわかる。

清潔感ある内湯(中温と高温の2種)と、岩風呂になっている露天風呂もあります。いずれも源泉かけ流しです。

露天風呂は塀に囲まれていてこぢんまりながら、屋根がないので開放感あり。ぬる湯なのもあり、ぼーっとしながらなんとなく長湯してしまう。友達と一緒に入ると、心も毛穴も全開でおしゃべりに花を咲かせてしまう。男湯に筒抜けなのも忘れて。

高齢者や身障者も介護者と一緒に入浴できる個室の「おもいやり風呂」や、身障者用のトイレや脱衣場があることもポイント高いです。

神の子池裏摩周湖展望台など近所に観光スポットも点在しているので、セットで巡ると幸せ。

<b>神の子池。これが自然の織りなす色だと信じられますか…?</b>
神の子池。これが自然の織りなす色だと信じられますか…?
<b>隠れたビュースポット、裏摩周展望台。</b>
隠れたビュースポット、裏摩周展望台。

地元客も銭湯代わりに訪れる大定番「緑清荘」

住所:北海道斜里郡清里町羽衣町31 ℡:0152- 25-2281
料金:450円(高校生以下140円)
営業時間:10:00~21:30(20:30まで入館のこと。土日祝 12:00〜 21:00)

人口約4,000人足らずの農村地帯である清里町に3つも温浴施設があるのって、なかなかな環境だと思うのですが、その中でもド定番といえる施設です。

しつこく母撮影なのですが、なかなかですね。

なんといっても内湯、ジャグジー、寝湯、サウナ、ひと通り揃った広い浴場が最高です。清里町市街地にあるアクセスの良さから、地元客も観光客も幅広く訪れています。斜里町民も緑清荘だいすき。

なんと年末年始も休まず営業なのがありがたい。元旦の大浴場無料開放に至っては、思わず手を合わせてしまう器の大きさ。

併設のレストランで日帰り温泉+お食事で1,500円というプランもあるので、オホーツクハウスきよさととじょうずに併用して快適滞在を目指しましょう♨

***

近況ですが、温泉ばかり入っているわけではございません。

この春、オホーツクハウスしゃりからほど近い、斜里町中心市街地商店街に、町内の仲間と共同で営むコミュニティカフェ「ヒミツキチこひつじ」がオープンしました。

7月に店の前でガレージセールをしているとき。こんな感じで、地元の方々と交わりながらゆるくやっています。

ゆきのさんのおにぎり店「梅とら」と、石窯パン店「メーメーベーカリー」、うどんと甘味処「美つ八」の3者が、週3回ほど日替わりで出店しています。

次回はオホーツクハウスしゃりを拠点に、ヒミツキチ含めちょっとずつにぎやかになりつつあるJR知床斜里駅周辺の話を書かせていただこうかな?

                   ***

中山よしこ(シリエトクノート)

北海道斜里町在住。札幌市からUターン後、地方紙記者を経て2011年に斜里町内の仲間と「シリエトクノート」を創刊(休刊中)。以後、ライターの傍ら、知床に来訪するアーティストとの企画や、移動古書店「流氷文庫」など、節操なく活動中。

8/27まで開催された、斜里町の旧役場庁舎/旧図書館での「葦の芸術原野祭」にも参加。

***

中山さん、今回も充実のお風呂情報ありがとうございました!清里町の3つの温泉は頻繁に利用しますが、どれもとてもいいお風呂です。「熊の湯」は本当に熊が入ってそうなお風呂でかなりディープですね。ぜひ現地で10か条を読みたい。

「ヒミツキチこひつじ」も毎週楽しく活動していて素敵です!空き家のリノベーションや、お店の前の活用がとても素敵なので、ぜひオホーツクハウスに宿泊された際はSNSをチェックして立ち寄ってみてください。

***

オホーツクハウスからのお知らせ

オホーツクハウスさっつるの庭に咲いていたじゃがいもの花です
オホーツクハウスさっつるの庭に咲いていたじゃがいもの花です

もう9月ですね!オホーツクハウスは1年で最大の繁忙期8月を終えまして、ご予約もすこし落ち着いてきつつあります。9月〜10月のオホーツクはまだ寒いというほどではなく、とても過ごしやすい時期が続きます。10月には紅葉も見頃になります。

まだ9月10月は空いている時期も多いので、長期滞在も大歓迎です。1週間以上の場合は1泊1名2,000円〜、2週間以上の場合は1泊1名1,000円〜でのご案内も可能です。人数と時期による部分が大きいので、詳細はオホーツクハウスウェブサイトよりお問い合わせください。

***

次回は9月号!中山さんも参加されていた芸術祭に出展するなど、充実した夏を過ごしたと聞いているAirdaさんに書いていただきます。どうぞお楽しみに!

「オホーツクハウス通信」をメールで読みませんか?

無料で「オホーツクハウス通信」をメールでお届けします。
コンテンツを見逃さず、購読者限定記事も受け取れます。
2022年9月号:Airdaさんと行く、地元で買って食べるお魚、その魅...
誰でも
2022年7月号:ゆきのさんのおにぎりチャレンジ
誰でも
2022年6月号:むらかみさんと知床をつなぐ「クマ活」
誰でも
2022年5月号:Airdaさんと3度目の春、まちの未来
誰でも
2022年4月号:中山さんの知床斜里ローカル温泉めぐり
誰でも
2022年3月号:ゆきのさんのおいしい知床
誰でも
2022年2月号:むらかみさんを離さない知床の魔力
誰でも
2022年1月号:Airdaさんの知床引っ越し物語
誰でも